入浴剤を使ってみて思うことを紹介

入浴剤を使ってみて思うこと

入浴剤

 

私は今一人暮らしをしていて、昔にに比べて入浴剤を使う機会が少なくなっていると思います。家族と住んでいる時には当たり前のように使っていたのですが、一人暮らしですとあまり余裕がないからしょうがないことではあると思います。

 

やはり入浴剤を使って自宅のお風呂に入ると気分の安らぎ方が全く違うことに最近気がつきました。疲労回復の他に肩こりや腰痛などに効くものもあるので身体がいつもより疲れたと思う日は贅沢をするつもりでたまに使ってみようと思います。

 

また、入浴剤にはさまざまな種類が存在し、定番の有名なものからお子様用に入浴剤が溶けきったらキャラクターの人形などが出てくるものもあります。最近はあまり目にしないのでよく分からないのですが、多くの種類の中から自分の好みのものを選べるというのも魅力の一つだと思います。

 

男性だとあまり興味を持たれる方は少ないかと思いますが、女性の方たちにはこだわりをもっている方も多いのではないでしょうか。

元気をくれる入浴剤に感謝

入浴剤

 

20代の女性です。わたしは毎日入浴剤は使わないのですが、疲れて元気をもらいたいときやリラックスしたいときに使っています。バラの香りが好きなのでバラの入浴剤をよく使っています。入浴剤の良いところは香りや色で楽しめることだと思います。

 

わたしは特に香りに癒されています。好きな香りに包まれてほこほこと温まれるのは幸せだなぁと思います。疲れているときに入浴剤を使うと今日の一日の疲れがとれていきます。お風呂に入る前は、「疲れた…。疲れがとれない。体が重い…。」とずーんと重い気持ちだったのに、入浴剤のお温かい風呂に入ると疲れが外へ出ていきます。

 

さっきまでの疲れがとれなかったことが嘘のように体が軽く楽になります。お風呂をあがったころには、「今日は大変な一日だったけど、でももう大丈夫。明日も頑張ろう!」と前向きな気持ちになれています。わたしにとって入浴剤は自分を元気にしてくれる存在、応援してくれる存在です。

 

また疲れたとき、リラックスしたいときに元気をもらって頑張ろうと思います。

その日の気分で使い分け

入浴剤

 

30代主婦です。入浴剤は小さい頃から身近にあり、大好きでしたが、高校生ぐらいからは自分で探して集めるのが好きでした。今は本当に色々な種類があり、見てるだけでも楽しめるので観賞用もあります。

 

大体毎日、1日の疲れを癒すアイテムとして使用しています。子供とどれにする?と決めるのも楽しみの一つです。薬局に売っている一般的な入浴剤の発泡タイプのアロマはどれも香りがよくオススメです。

 

ロフトなどで一つ数百円のものや、ラッシュは特別は時、本当に疲れを感じた時に使用しています。私は基本良い香りのものが好きで(香水、コロン、柔軟剤など)集めたりしているので、体の疲れをとるための入浴剤と言うよりは、香りで癒されるほうを重視しているかもしれません。

 

ただ入浴剤の香りは鼻が慣れてしまうためか??わかりませんが、すぐひ消えてしまうんですよね。長く香るものがあればほしいです。草津に旅行へ行った時温泉が気に入り、湯の花の入浴剤を購入しましたが、そちらは香りはあまりないですが、とにかく体が温まる!

 

本当に天然の温泉のようで気に入ってます。

kankai(カンカイ)薬用入浴剤の通販購入はコチラ!トップページへ入浴後でも冷え性がひどい、体中の関節が痛いなどのお悩みをお持ちの方は、トップページでkankai(カンカイ)薬用入浴剤の詳細を確認してみてください。